組立家具の解体・引越し・組立までワンストップでサポート致します!!produced by 株式会社FAworks
組立家具の引越しサービス 作業の流れとよくあるご質問 カグッコシへお問い合わせ

2018年 カグッコシ!にてご依頼いただいた家具ランキング

2018年1月より開始いたしましたカグッコシ!のサービスですが、実は株式会社FAworksとしてはホームページを立ち上げる前から行ってきたサービスでした。
ホームページを立ち上げたのが2018年の1月。その後は、サイト経由の新規様のお問い合わせが徐々に増えてきており、様々なIKEA家具のご相談をお受けするようになりました。
そこで、2018年1年間(1月〜12月)にあった「IKEA家具の引っ越し」の中で、「どんな家具の引っ越しを頼まれることが多いのか?」ランキングづけをしてみました。

その中でも、特に依頼の多かった上位3商品について、解体時の注意事項と共にご紹介いたします。
依頼が多いということは、持っている方も多いと思いますし、同じようなことで悩む可能性は高いと思うので、引っ越し時や解体時の参考にしてみてください。

第1位 IKEA PAXワードローブ

 

 

 

第1位は、「PAXワードローブ」です!

▼IKEA公式サイトの商品紹介ページ▼

https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/bedroom/19086/

 

その割合、なんと、全体のご依頼件数の5割!
実に全体の半分をPAX ワードローブが占めていました。

これはひとえにPAX収納システムの人気・普及率だけでなく『引越し業者さんが一番苦手な家具No.1』であることも関係しているのかもしれません。

この商品、決まった形があるわけではなく、扉もフレームサイズも全てユーザーの自由に設計することができます。
ですので、引越業者の営業スタッフさんからすると『これに何時間かかる』という、時間の見積もり計算が非常に立て辛い商品でもあります。

しかし、IKEA家具の人気No.1商品であることは間違いありませんし、その人気はデザインだけでなく使い勝手などもありますので【どうしても引越しで持っていきたいIKEA家具No.1】でもあるということでしょう。

IKEA PAXワードローブ解体の注意点

この商品の絶対的に解体のポイントは釘抜き!です。

 

 

この成否がカギを握ります。

引越業者さんが解体されるときも、ここでつまづくことが多いようです。

先日も【釘抜き】がうまくいかず、背板を壊してしまったお客様のところに、背板の代用品を弊社でお持ちして組み上げたなんてこともありました。

 

 

 

2位 IKEAデイベッド

 

 

 

シングルベッドがクィーンサイズに早変わりするIKEA定番のデイベッドが第2位!
全体の2割のお客様からご依頼いただきました。

大学生の1人暮らしから、お子様の成長に合わせたファミリー向けにもフィットするデイベッドですが、IKEAではデイベッドも様々なデザインが用意されていますが、特にHEMNES(ヘムネス)シリーズBRIMNES(ブリムネス)シリーズのご依頼を多くいただきました。

 

▼IKEA公式サイトの商品紹介ページ▼

https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/bedroom/19037/

IKEA デイベッド解体の注意点

この商品は、解体すると部材が本当に多いこと。

 

写真のように構造上、かなりの板状にまで解体する必要があり、部材・部品を無くさないように袋にまとめたり箱に入れておくことが大切です。

特に無くしてしまいやすいのがすのこになる部分の板にはめこむ黒い樹脂

 

 

 

下穴が初めから少し大きかったりで、解体する際に自然と抜けてしまう事もあるので、抜けてしまったものは取っておく、抜けていないものはマスキングテープなどですのこに貼っておくのが良いでしょう。

 

3位 IKEA STUVAロフトベッド

 

 

 

第3位がベッド、勉強机、本棚、ワードローブが1つになった多機能ベッド、IKEA STUVAロフトベッドです。

確かにこのベッドを見た引越し業者の営業マンさんは解体のイメージすらわかないのではないかと思います。

 

▼IKEA公式サイトの商品紹介ページ▼

https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/childrens_ikea/18836/

IKEA STUVAロフトベッド解体の注意点

この商品のポイントは、全てをバラバラに解体しないこと。

 

 

机の棚部分や、本棚・ワードローブ、はしごなど解体後もそのままの形をキープできるパーツがあるので、デイベッドとは違い全てをばらばらにまでする必要はありません。

しかし引越し業者さんの都合(あとトラック内スペースが無くてちょっと積めない・・・)などがあれば全てバラバラにすることも可能です。

番外編

その他にもIKEA商品をはじめ、様々な家具のご依頼をいただきました。

廃盤となったIKEA MALMオットマンベッド(すのこ下収納式)

 

 

IKEA BESTAウォールキャビネット

 

 

 

その他、各種メーカー物置なども多くご依頼いただきました。

まとめ

いまだに引越し業者さんの中でも答えが見つからない『IKEA家具などの組立家具引越対応』

『安い』『使い捨て家具』などと揶揄されることも多いですが、適切な使用方法で、そこまですぐに壊れるなんてことはありません。

またPAXワードローブについては、フレームやアクセサリ(扉/引出などの各種後付け商品)が品質保証10年とされています。

別に10年したら壊れるという意味ではなく、購入後10年は不具合があれば交換対応してもらえるということです。

10年という年月の間には、お引越しをされる方も多くいらっしゃると思います。

 

 

品質保証のついたPAXをはじめ、年に1/4が入れ替わるといわれるIKEA商品の中でも廃盤商品をお持ちの方などは、一期一会で見つけた使い慣れたお気に入りの家具を無下に手放すことなく新居へ持っていっていただきたい。

そのためにカグッコシ!は情報発信を続けていきたいと思います。

TOP > 組立家具BLOG > 2018年 カグッコシ!にてご依頼いただいた家具ランキング
お問合せ LINEお問合せ
Copyright © FAworks all rights reserved.