組立家具の解体・引越し・組立までワンストップでサポート致します!!produced by 株式会社FAworks
組立家具の引越しサービス 作業の流れとよくあるご質問 カグッコシへお問い合わせ

【IKEA家具】引越業者にIKEA家具を運んでもらう交渉テクニック!

『IKEA家具は引越業者さんに断られる』SNSなどで拡散されている【IKEA家具引越し問題】ですが、『断られる』というネガティブキラーワードに翻弄されてしまい本質を見失い、IKEA家具を持っている方=引越業者さんに相手にされないなどという極論に飛躍しないようにしていただきたいのです。
実際に引越業者さんが断っているのは、あくまでのIKEA家具の解体/再組立の部分で、解体されたIKEA家具を運ぶことを拒んでいるわけではないというところを留めておかなければなりません。

この部分さえ押さえておけば、IKEA家具をお持ちの方にとって引越しへの対処法がさまざま見つかってくるのではないでしょうか?

引越業者さんとどんなやり取りをすればいいの?

解体してあれば運んでもらえる。
では実際に引越業者さんとのやり取りって、どうすればいいのでしょう?
まず訪問見積もりに来た引越業者営業さんに、お使いの家具がIKEA家具であることを伝えるとともに、持っていきたい旨も言っておく。
伝えることで引越業者さんが当日もってきてくれる養生梱包資材の数が変わります。

解体した家具はどのように置いておけばいい?

ご自身で解体するなど、何かしらの方法で解体が終わったIKEA家具をどのようにおいておけばいいか?
それはキズが付かないように敷物をした床に重ねておく、または壁に立てかけておいてください。

梱包は引越業者さんが行うことをお勧めします。
引越業者さんは中身が何か?どんな状態かわからないものを運ぶのは嫌がります。
当然破損のリスクが伴うので、できるだけ中身が見えるものや引越業者さん自身が梱包養生したものでないとトラックに積み込み際にもどの場所にどう積むかを決めれません。

引越業者さんは引越しで大きな荷物を運ぶ専用の資材を持っています。
下手にご自身で段ボールで巻いてみたりせずに、解体された状態で置いておきましょう。

また引越し時のトラックへの積み込みはテトリスのようなイメージで、色々な隙間にバラバラの形のものを積み込んでいく、いわば運送のプロの腕の見せ所です。
逆に積み込んでいく商品の形/強度などがわからないと、無駄な隙間ができた時に埋め込んでいくことが出来なくなってしまい、トラックに無駄な隙間を多く作ってしまい、最悪積みきれなくなってしまうなんてことも。

そんな悲劇を防ぐためにも、解体されたIKEA家具は細かなネジパーツ以外、そのままの状態で梱包は引越業者さんにお任せしましょう。

そもそもIKEA家具って解体できるものなの?

ネットでIKEA家具解体やIKEA家具引越しで検索すると、必ず出てくるのは『引越しに向いていない』や『1度解体すると元に戻らないなど』不穏なワードが目につきます。
なぜそのように言われているのか?

【理由①】専門業者がいない

まず1つ言えることはIKEA家具の解体/再組立を専門に行っている業者などほとんどいないということ。
オフィスの事務所に設置されているオフィス家具と言われるスチール製のキャビネット(収納棚)やラック(倉庫用の棚)などを事務所の移転に伴って解体/再組立を行う業者はネットで探せば多少出てきます。
しかしIKEA家具のような木製組立家具を専門で解体/再組立を行う業者はほとんどいません。

その理由は『リスクが高い』から。

そもそもオフィス家具とは違い、板状にまで解体する必要があることや、専門的に言うと木製パーツに木用ネジで留めているものを解体するには施工技術が高く必要になること、商品知識があることなど参入のハードルが高いことから、専門で取り扱うにはリスクが高いと判断され専門業者はほとんどいません。
まして引越業者さん自体で解体/再組立作業を取り扱ってくれるところなど、引越し見積もり専門サイトでも見つからないのではないでしょうか?

【理由②】引越業者さんの断り文句

引越しの見積もりは基本相見積もりと言って、複数の業者間での見積金額によってえらばれることが多く、大げさに言えば1円でも1銭でも安い業者さんに依頼されることになります。
そういった背景から、オプションの作業も抑えて少しでも安い見積りを出したいのです。
そんな中、専門知識もないIKEA家具の解体/再組立してもらえませんか?と言われても受けれません。
動物園行って『なんでジンベイザメおれへんのですか?』っておきかえてみてください。

ただのクレーマーです。

だからと言って頼む側も『引越業者さんって、引越に関わること一括で受けてもらえるもんじゃないの?』って思うことは当然ですので、『解体してあれば運んでもらえるんですか?』という発想には向かわないわけです。
それは引越業者さんだって一緒のことで『解体してあれば運べますよ』って瞬発的に答えられればいいのですが【IKEA家具=大変】の方程式が頭に埋め込まれているので、断り文句が必要となって不必要にお客様のお持ちの家具を否定するような発言に繋がってしまうのです。

【理由③】実際の経験談

過去の引越しで実際にIKEA家具を新居へ持っていくことに挑まれて失敗に終わった方の経験談がネットに広まっていることもあると思います。
ご自分で試された方、引越業者さんに頼んで破壊されてしまった方など失敗例がネットで拡散され『私もこんなことあった』と広まっていき、総論として『IKEA家具、引越し向かない』という結論が作り上げられていると考えられます。

再度組み立てができるための解体をするには?

解体だけなら2人以上で挑めば誰だって100%できるでしょう。
だって目の前にあるパーツをひたすら、がむしゃらに無我夢中で超絶怒涛の解体をしていけばいいだけですから。
しかし今回のテーマは引越しするための解体、ということでそれが可能かどうかを聞いていると。
その場合『100%できます』と言えますが、それはカグッコシ!にご依頼いただいた場合。
ご自身にて挑まれる際でも、カグッコシ!のLINE@相談窓口へご連絡いただき
挑まれている際に、困っている個所を写真にてお送りいただくことで適切なアドバイスをさせていただきますので、ご心配なく。
解体さえできていれば、引越業者さんに運んでもらうというハードルを越えることが出来ます!

解体した/頼めたはいいけど再組立はどうしよう?

実際に解体できました、引越業者さんに新居へ運んでもらいました、そのあとにも問題が。

『組立どうしよう?』

その家具を購入した時の組立はどなたが行いましたか?
ご自身にて行ったのであれば説明書を手に取り挑みましょう!
『説明書を失くしてしまった』という方もご心配なく。
IKEA HPにて該当商品がわかればPDFで説明書をダウンロードできます。
もしも組立サービスなどを頼んでいた場合、ご自身にて行うことが難しいのであれば組立業者を探すことをお勧めします。

解体を業者に頼んで組立も業者に頼むのであればできるだけ同業者がいい

解体→業者に依頼、組立→業者に依頼される方。
その場合は、できれば解体を依頼した業者に任せるのが最善です。
なぜならば新しい家具を組み立てるのと、1度解体された家具を組み立てるのでは、勝手が少し変わります。
もしかするとパーツが足りなくなっているかもしれないし、経年劣化で弱っている部分があるかもしれないし、ちゃんと解体が出来ているかがわからないまま向かうことになれば、交換用のパーツの準備も間に合いません。
頼んだはいいけど『これは組立できません』と言われてしまう悲劇が起きることも考えられます。
カグッコシ!では弊社で解体していない家具の組立ご依頼をいただいた場合、事前にメールやLINE@などで気になる部分をお写真をいただき、当該パーツをお持ちして組立を行いますのでご安心を。

まとめ

引越業者さんがIKEA家具を断っている理由と何を断るのかをお分かりいただけたでしょうか?
解体さえしてあれば、引越業者さんは嫌な顔1つせずにIKEA家具に向き合ってくれます。
事前に今回の知識だけでも覚えていただいておけば、IKEA家具の引越しに何も構えることもありません。
使い慣れたIKEA家具は新居へ持っていくことが100%可能です。
ご不明、不安なことがあれば数少ない専門業者であるカグッコシ!の相談窓口をご活用ください。

TOP > 組立家具BLOG > 【IKEA家具】引越業者にIKEA家具を運んでもらう交渉テクニック!
お問合せ LINEお問合せ
Copyright © FAworks all rights reserved.